滑舌

実は、私はあまり滑舌がよくありません。

小学生の頃というのは、仲間も正直です。
「なんだか、赤ちゃんみないな話し方だよね」。
クラスの女の子に言われました。
・・・そうなんだ(ガーン)。。。

これ以来、喋ることに関してはコンプレックスを抱き続けていました。

具体的には
「ラ行がうまく言えない」とか
「サ行がうまく言えない」とか、
「さん」が「しゃん」になってしまう、とか…。

 

未だに続くこのコンプレックス。
人前で話すにも、この声じゃ説得力がないよね。
講師とか訓示とか無理だよね…

ああ、ネガティブ。

 

そこで!!

40歳にして
この滑舌が悪いことに正面から対峙していこうと思い立ちました。

という訳で、現在「ボイストレーニング」に通っています。

とまあ、この話も一度では書ききれませんので、
この先、ちょこちょこと書いていきたいと思います。

厄年

厄年、なんてこれまでの40年の人生の中では、まったく気にしてませんでした。
厄年だけじゃなく、大安がどうのとか、占いがどうのとか…。

けれども・・・
ここ数年間、心も体もちょっと元気がなかったのです。。。


で、話を聞くと、
「昔の人はよく言ったもので、
厄年っていうのは体に変調が出るとか
(ちょうど、おっさんに両足を突っ込む時期ですもんね)
身体面も含めての変わり目だから、気をつけなさいという
意味もあるんだよ!」
ということらしいですね。

うん、それなら納得!!
うまく行っていないときは藁にも縋りたい思いなのです。

ちなみに私は1月生まれ。
誕生日と初詣時期が近いので、
「それなら、1月にさっそくお参りをしに行こう!」と思い立ったのです。

そもそも、この場合、行くのは神社??お寺??
ちょっと待て。
神社とお寺の違いの定義って何なんだ?!
・・・お恥ずかしながら、ここから始まりました…。
(今はこの件、詳しくなりましたが、長くなるので次回以降に…)

それと、おじいさんおばあさんの家によくある「高島暦」という本、
あれは何なんだ???

という訳で、さっそく「高島暦」を購入してみました。

「厄年」について、読み始めると、なんと!!

立春より前に生まれた人は、暦上は前年生まれと同じになります」
とのこと。。。

ということは、
1月生まれの私は…
昨年生まれの人と同じ扱いとなること。

ということは…

昨年が本厄だったのか・・・

おいおい。
まあ、知らぬうちに本厄を越していたということは、
まあ良かったという風にとらえておいたほうが良いのかな。

といいつつも、
まだ「後厄」が続いている訳でして、
何とか無事に「厄」に過ぎてもらいたいものです。

という訳で、実は「厄払い」シリーズでお話がまだまだ続くのですが、
長くなってきたので、今日のところはここらで締めたいと思います。

初めてのBlogです。

皆さん、こんにちは。

といったものの、現段階では誰にもこのBlogの存在を教えていないので、
果たして、この文を読んでいただけるのはどのような方でしょうか。

いずれにせよ、よろしくお願い致します。

なぜ、突然Blogを開設してみようかと思ったかというと…

①インフォメーションが欲しければ、まずエクスフォメーションを!

…言葉の使い方、合ってますかね??

情報が欲しい!と思った場合、逆に自分から情報を発信をしていくことで、
人との繋がりができて、情報がやってくるようになるとのことです。
なら、情報発信してみようかなぁと。

②文章が上手くなるように

…こういう風に文章を打っていても文体がぎこちない。
文章能力がUPできたらと思います!

アフィリエイトの勉強

今、「アフィリエイト」って入力するのにも、「アフィリシエイトだったっけ?!」、なんてgoogle 検索しちゃいました。

少し、そういった分野の勉強もしてみようと思います。

第1稿はこのくらいにしたいと思います。